キャバクラに魅了された男達

トキメキを感じられる高級キャバクラを堪能

友人に誘われた高級キャバクラ

子供ができてから、妻は変わった。
なんでもかんでも子供優先。

「たまには子供を預けて、夫婦でデートしようよ」

と誘っても絶対に応じない。
俺は今でも妻を女としてみているし、恋人同士のような関係性でいたいのに。
もうお互いにパパとママの関係性になってしまったのだろうか。

友人に誘われた高級キャバクラ

そんな悩みを友人に話すと

「一緒に高級キャバクラへ行くか」

という話になった。
「なんでだよ!」とツッコんだが、友人は本気で言っているらしい。

「女は子供を産んだ瞬間に母になる。男はいつまで経っても男だ。その違いを今すぐお互いに理解しあうのは難しいだろう。まずはお前の心を安定させるためにも、女と一緒の時間を過ごした方が良いと思う」

もっともらしく聞こえる。
キャバクラなら話すだけだし、妻への裏切りとはならないだろう。
俺は乗り気ではないものの、友人に付いていくことにした。

しかし、不安もあった。
高級キャバクラは、“高級”と付くのだし料金がべらぼうに高いはず。
お金が足りるかな……とガクブルだったが、友人いわく、抜きモノを頼まなければ数万程度で済むらしい。
それなら俺も月に数回程度なら通えるなと安心した。

意気揚々と高級キャバクラの店内に入ったが、豪華そうな内装で最初からビビッたw
友人は臆することなく、スタッフと気さくに会話しながら席へと向かう。
ちょっと友人を見直す俺(笑)

席に通されてしばらくすると、女性2人がやって来た。
正直、胸が高鳴ったね。
めっちゃくちゃキレイな子たちなんだもん!

そうそうこれ!こういうトキメキが俺は欲しかった!!
妻には申し訳ないけど、デレデレしながら高級キャバクラを堪能させてもらったわ!

高級キャバクラを堪能させてもらった

……ただ、店を出た後はやっぱり罪悪感があるんだよね。
妻以外の女の子たちとはしゃいだのは、あんまり良い気持ちはしない。
でも家に帰ると、前よりも妻や子供に優しくできるようになった。
未だに妻にはデートの誘いを断られているけど、そんな時は高級キャバクラで発散するようにしている。

ある意味、高級キャバクラのおかげで家庭円満になってるかも(笑)

▲TOPPAGE